Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1 to 20 of 20)
(showing articles 1 to 20 of 20)

Channel Description:

nanapiは生活を便利にするHowtoがいっぱいあるレシピサイトです。
    0 0




    ここでは、著者が実践している洗濯する時の時短テクニックをご紹介します。


    靴下や下着類は洗濯ネットに入れて洗うと、他の衣類とからまることもなく、またバラバラにならないので干す時にも便利です。
    また、洗濯による伸び縮みが気になる衣類も洗濯ネットに入れましょう。洗濯ネットは大・中・小サイズをそろえておくと便利です。

    シャツの首元の汚れや、その他のシミは洗濯機に入れる前に手でつまみ洗いをしておくと汚れが取れやすくなります。

    洗濯機の浴槽が汚れていると、洗濯物に水アカがついてしまう恐れがあるので、定期的に浴槽の汚れを落としておきましょう。

    洗濯用品は洗濯機の周辺に置いておくのが良いでしょう。洗剤は...

    0 0




    寝室は毎日家族が休まる場なので常にきれいを心がけたいですよね。家族の健康のためにも毎日欠かさずすることできれいを保つことができます。



    モップをかけることにより掃除機ではいきとどかない場所のほこりをきれいに取り除くことができます。床はもちろん、TVや寝室台などのモップがけを欠かさずするようにしましょう。
    水拭きをするとからぶきも必要ですがモップだと1回で済みます。著者は床用とTV寝室台とでは、モップを2個使用しています。

    寝室を締め切るのはよくありません、朝起きたら窓を開けて風通しがよい環境をつくりましょう。湿気などの対策になります。

    気づいた汚れはほっておくといつまでもそのままになりがちです。...

    0 0




    洗濯に取られる時間は意外に長いものですね。洗濯機に放り込めばOKというわけにはいかず、そこに行くまでの作業が面倒です。忙しい時にはなるべく効率よく洗濯をしたいですね。
    そこで著者が実践している洗濯に関わる時短のテクニックを紹介しましょう。


    衣類によって洗い方も違うので、洗濯するときは洗濯物を仕分けする必要があります。その際、脱衣時にちょっと意識を変えるだけで仕分けが効率的にできるようになります。
    著者は4人家族ですが、脱衣する時に全員が守っているやり方があります。


    普通に洗濯機で洗えるものは洗濯機に入れる
    インナーや小物はネットに入れる
    色落ちの危険性のあるもの、オシャレ着、自分で判断がつかな...

    0 0




    洗濯は、欠かさず行わなくてはならないもののひとつなので、少しでも携わる時間を短くしたいものですよね。
    ここでは、著者が実践している時短洗濯の方法をいくつか紹介します。


    タオルなどそれほど汚れがひどくないものに関しては、洗濯機の時短コースを活用しています。洗濯の時間が短いので、衣類も痛みにくくなりました。


    Yシャツなど、襟やそで口など汚れが気になる部分がある場合には、脱いだときに専用の洗剤をつけておきます。そのまましばらくおいてから洗濯機にかけると、予備洗いをしなくても汚れが取れます。

    汚れがひどいものに関しても、お風呂の残り湯を活用し、ぬるま湯で夜のうちに時短コースで洗ってしまいます。お...

    0 0




    洗濯機に放り込んでスイッチを押すだけで完了してしまう洗濯ですが、洗濯機が回る時間って、けっこう長くてイライラしてしまったりするんですよね。
    そこで、そんな洗濯を時短で済ませるために、著者が実践している方法を紹介したいと思います。



    ひどい汚れでなければ、洗濯機のスピードコースでも十分汚れを落とすことができます。普段の洗濯物はできるだけ、スピードコースを活用するようにしています。
    汚れのひどいものは、時間の余裕があるときに下洗いしておくと、安心してスピードコースを活用できます。

    洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎたり、逆に少なすぎたりすると、脱水の際に衣類が偏り、エラーになってしまって時間がかかり...

    0 0




    洗濯物を洗う時、あまり時間をかけたくないものですよね。でも、洗濯物を早く済ませるには、コツが必要だと思います。その時短テクニックについて、ご紹介させて頂きます。



    汚れのひどい靴下などは、先に洗面所で洗っておきます。洗剤をかけ、つまみ洗いをしてから、洗濯機にいれると、汚れが落ちやすいためです。ちなみに、つまみ洗いとは、汚れた部分だけを洗剤をつけて洗うことです。
    靴下の他に、服の脇やエリの汚れ、子供の体操服の泥汚れなども、つまみ洗いをしておくようにします。
    つまみ洗いで使う洗剤は、洗濯機でも使う液体洗剤を使用しています。


    分けて洗うべきなのが、タオルケット、シーツなどです。これらは水を吸うと...

    0 0



    家具や家電製品は毎日使うものなので、気がついたら汚れが溜まっていたということがよくあります。
    ここでは、著者が実践している掃除方法をいくつか紹介します。


    着替えるとき、洗濯するときなど、誰もが家の中を歩き回っているはずです。その時にただ歩くのではなくて、家具の棚の上や側面などに意識しながら歩くと、汚れに気がつくと思います。
    その時に、電解水クリーナー・コロコロなどの掃除道具を持参し、汚れやごみを取り除きます。
    見える部分のみの汚れをとっておきます。

    タンス・食器棚など引き出しの中やエアコンのフィルターなど、すぐに掃除できない部分については大掃除の時に、掃除機や雑巾などを使ってしっかりと汚れを...

    0 0




    家具や家電は、埃が溜まりやすいから、こまめな掃除が必要ですよね。でも、物をたくさん置いていたりするので、毎日の掃除は時間がかかって面倒なものです。
    そこで、著者が行っている家具・家電の掃除を時短で済ませてしまう方法を紹介したいと思います。



    家電の上や棚の上など、何も置いていないけれど埃が溜まりやすい場所の掃除には、掃除機のヘッドをブラシにして使います。ブラシで埃をかき集めながら吸い込めるので、とっても簡単に、時間もあっという間に掃除が完了してしまいます。

    小物をたくさん置いている家具の掃除には、ハンディワイパーを活用します。ハンディワイパーで埃を絡め取れば、小物をどかす必要がなく、かかっ...

    0 0




    家電周りのほこり掃除時短テクニックについてご紹介します!


    家電周りを時間をかけずに掃除したいときに、大きな掃除機を持ってきて、コードをつないで・・・となるとちょっと大変ですが、コードレスのハンディ掃除機を使用すれば、サッと取りかかることができます!
    テレビ台まわりは、家電の配線のコード類が多いですが、ハンディ掃除機は狭いところの配線に付いたほこりも掃除しやすいので、とても便利です。

    著者はハンディ掃除機で大きなほこりを吸い取った後、化学布巾で細かいほこりを拭いています。布巾がほこりで汚れたら、ハンディ掃除機で布巾のほこりを吸い取ってまた使用します。
    化学布巾はぞうきん等で掃除するよりも、細...

    0 0



    ラクをしながら、いつも綺麗なお部屋に住みたい…。誰しもの願いですよね。著者が実践している方法をご紹介します。



    もしも、家具や家電を汚してしまったら、可能な限りその場で落としてしまいましょう。染み付いて、後悔してしまった経験がある方もいらっしゃると思います。
    汚れの種類に応じた洗剤をあらかじめ用意し、一まとめにしておくと慌てずに済みます。


    一番の「困った汚れ」は油はねではないでしょうか。シートタイプの汚れ取りもありますから、キッチンにも常備しておくと、即対応できます。

    可能な限り、物は収納しておけば、家具の上、家電周りを、ハンディモップでさっとひと拭きで綺麗に保てます。もちろん、見た目もす...

    0 0




    家具や家電のホコリ取りや拭き掃除って意外と大変!
    お掃除の手間をなるべく省略できる、家具・家電掃除の時短テクニックのご紹介です。


    まずは部屋に入ってくるホコリをシャットアウトし、中にいるホコリを外に出してしまいましょう。
    お部屋の換気はこまめに。網戸が汚れているとホコリが入って来やすいので、網戸は洗っておくようにしましょう。

    静電気防止効果のある柔軟剤かリンスを一滴いれた水で雑巾を絞り、まずは拭き掃除をしておきます。
    これでしばらくはホコリがつきにくくなります。

    家具や家電になるべくホコリがつかないように、布をかぶせてしまいましょう。使わない時間帯のテレビ、炊飯器、掃除機、タンスや本棚、も...

    0 0




    著者が実践している、洗濯時間の短縮方法をご紹介します。

    食べこぼしがついたままの服やファスナーが開いたままの服などを他の洗濯物と一緒に洗うと、他の洗濯物に汚れが移ったり傷んだりすることがあります。
    これを防ぐためには、洗濯物を洗濯機に入れる前に1枚1枚の洗濯物をチェックする必要がありますが、汚れに関しては、汚した本人でないと気づかないことも多く、他の人がチェックするのは時間も手間もかかってしまいます。
    著者宅では家族それぞれが予備洗いなどをすることにより、洗濯時間を短縮しています。以下は著者宅で実践している例です。

    ズボンやスカートだけでなく、シャツの胸ポケットなども着ていた本人がチェックし...

    0 0




    家族5人のワーキングママです。まだ一番下の子は保育園に行っていてすぐに着替えさせられるので、洗濯物の量がとても多いです。
    また、一番下の子が保育園のシーツを、小学生の娘たちが体操着などを持って帰ってくる週末などはさらに洗濯物が増え、干す場所に困るくらいの量になります。
    そんな筆者の洗濯物の時短ポイントを今回はご紹介します!


    洗濯物が出るタイミングは、服を脱ぐとき=お風呂に入るときですよね。
    そこで、脱衣所に洗濯機がある家では、洗濯物を直接洗濯機に入れるだけでも、他のカゴを経由するより相当時間と手間が減ります。

    直接投入にするということは、家族も同じように直接投入するわけです。そのためには、家...

    0 0



    台所の家具・家電は食品の汚れがつきやすいので、長い時間放って置くと汚れがこびりつきます。ここでは台所の家具・家電の掃除の時短テクニックを紹介します。



    家電は汚れがこびりつく前に掃除をするのがポイントです。
    著者宅の炊飯器は、使用後すぐに内蓋のパーツの水洗いしています。温かいうちに取り出して水洗いすることで、汚れがすぐに取れてこびりつくことがありません。
    写真のブラシは炊飯器の付属品ですが、このような柔らかい毛のブラシでこすって掃除します。


    マイクロファイバークロスは超極細繊維を使用しているため、洗剤を付けなくても水拭きだけで微細な汚れを絡めてとることができます。
    家電は温かいうちに掃除をす...

    0 0




    テレビなどホコリが目立ちやすい家電の掃除は、忙しい主婦としては手早く行いたいものです。その時短テクニックを、ご紹介していきたいと思います。



    いらなくなったストッキング
    ボロ布




    20センチぐらの長さのストッキングと、10センチ四方ぐらいのボロ布を用意します。布は厚めの生地のものの方が、使いやすいです。


    ストッキングの中にボロ布を入れて、両端を縛ります。これで完成です。


    家電の中でもとくに静電気のためにホコリがつきやすい、テレビを拭いていきます。画面にホコリがついているので、つくった掃除道具で綺麗に拭きます。


    台座もホコリがよくついているので綺麗に拭きます。


    掃除の頻度は3日に1度ぐらいで...

    0 0




    何もしないでも室内はホコリなどで汚れるものですね。床だけではなく、あらゆるところにホコリはたまるものです。時間がない時には家具や家電の掃除までなかなか丁寧にやれないのですが、ちょっとした時短テクニックがあれば作業も軽減できますね。
    そこで今回は著者が実践している家具や家電の時短掃除を紹介しましょう。



    テレビの液晶画面やテレビ台、オーディオ機器などは非常にホコリが付き易い場所です。特に人の出入りが多いリビングの場合は常に汚れ易いですね。本体に傷がつかないように、ハンディモップを使ってこまめにホコリを取るようにしています。
    テレビのスイッチをつけるタイミングでささっとホコリをからめとるように...

    0 0




    毎日生活していると、洗濯物が出ますね。なかには毎日数回に分けて洗濯機を回さなければならない大変なご家庭もあると思います。
    出来る事であれば節水・節電、そして時短で済ませたいですよね。
    こちらの記事では、そんな希望を叶えられる「ウルトラアタックNeo」の正しい使い方をご紹介します!

    容量8kgの洗濯機で衣料4kgの1回のお洗濯(標準コース)で使用する水は、ドラム式で77L程度、縦型の全自動洗濯機で130L程度といわれており、時間にするとドラム式で約55分、縦型の全自動洗濯機で約46分かかるとされています。
    「ウルトラアタックNeo」を使うことでこれらを節約しましょう。


    「新世代型洗浄成分ウルトラアニオン」が新配合さ...

    0 0




    炊事、洗濯、掃除・・・毎日の家事にほとほと疲れてしまってはいませんか?
    ここでは、お疲れの奥様方のために、家事を楽に、効率的にする「ゆる家事術」をご紹介します!


    洗い終わった衣類と乾いたバスタオル1枚をぽいっと乾燥機へ入れます。これで、乾燥にかかる時間が約10分短縮できます!

    柔軟剤をもしも切らしてしまったら・・・?
    代用品として優秀なのが、なんとあの髪に使うリンスなんです。柔軟剤の役割を十分に果たしてくれますよ。

    洗濯ネットが足りないときには、ストッキングで代用できます。
    ストッキングの中に洗濯物を入れ、口を縛ったらそのまま丸洗いしましょう。穴が無ければ十分代用可能です。

    洗濯するときには、...

    0 0




    家事は家族が多ければ多いほどやることも多くて大変ですね。限られた時間の中でどのようにこなしていくかが、課題となります。
    現在は、家事における時間短縮のアイディアグッズなどが沢山登場し、工夫ひとつで家事の効率が劇的に変化することもあります。しかし、効率化だといいながら手抜きをしてしまっているという人もいるのではないでしょうか?
    そこで本記事では、夫に素敵な奥さんだなぁと思われるために、こんなところで手抜き感が分かってしまう!というポイントをご紹介します。


    調理中、野菜の皮むき・カットなど素材の準備は細かくて一番面倒な作業です。いつしか野菜の皮の取り残しがあっても気にならなくなっていたりします...

    0 0



    洗濯したジーンズやズボンを早く乾かしたいとき、ありませんか?でも厚手の洗濯ものは、なかなか乾いてくれません。ジーンズがその代表格でしょうか。洗濯後、すぐに穿きたくても、乾いてくれない事にはどうにもなりません。
    そこで今回は、ジーンズを干すとき、早く乾かすコツを紹介したいと思います。


    ジーンズを乾かす際、特に乾きにくい部分といえば、上記画像で赤丸で示した部分。生地が折り重なっている部分が最後まで濡れています。このフロント部分とバックポケットをなんとかすることが、早く乾かすコツとなります。



    まず、フロントの部分はこのように開けっ放しにします。


    バックポケットはワイド型の洗濯ばさみを使用しま...